渋谷・松濤のセラピールーム「Heart Retreat」のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ハート・リトリート
 
[スポンサー広告
フランスから精油を通販する
先週の25日(木)フランスのアロマブランド「Florihana(フロリアル)」から小包が届きました。年に1-2回精油やキャリアオイルをフランス本社のウェブサイトからまとめ買いしています。オーダーから日本までの到着は10日前後といったところでしょうか。

小包

今回は3/27(土)~28日(日)に予定されていたイベントでのワークショップ用(基本の精油)と、自分用にちょっとマニアックな精油(バイオレットリーフやバレリアン、ラブダナムなど)を購入してみました。なかなか一度に沢山のオイルを試せませんが、勉強のために少しずつでも購入して、香りや作用を知識を蓄積したいと思っています。
精油

こちらはフローラルウォーターとキャリアオイル(植物油)。
ローズヒップやボリジオイルなど日本では高いオイルも購入しました。
オイルとか

【今回の購入】
CHAMOMILE ROMAN 200 ml(フローラルウォーター)
MELISSA 200 ml(フローラルウォーター)
ROSE CENTIFOLIA 200 ml(フローラルウォーター)
LAVENDER WILD 500 ml(フローラルウォーター)
ROSE 500 ml(フローラルウォーター)
VIOLETTE ABSOLUTE 2g
MYRRH 5g
VALERIANE 5g
LABDANUM 5g
CYPRESS 5g
FENNEL SWEET 5g
CLARY SAGE 5g
YLANG YLANG COMPLETE 5g
YLANG YLANG EXTRA 5g
LAVENDER VERA WILD 5g
CEDARWOOD ATLAS 15g
LEMON 15g
EUCALYPTUS RADIATA 15g
LAVENDER VERA 15g
PEPPERMINT 15g
NIAOULI 15g
ORANGE 15g
ROSEMARY CINEOLE 15g
GERANIUM ROSA 15g
ST JOHN'S WORT OIL 100ml(キャリアオイル)
ROSE HIP SEED OIL 50ml×2(キャリアオイル)
BORAGE OIL 100ml(キャリアオイル)
JOJOBA OIL 200ml(キャリアオイル)
MACADAMIA NUT 500ml(キャリアオイル)

フロリアルは日本の直営店から通販が出来ますが、海外からの輸送費などが価格に含まれるため、どうしても割高になります。今回私が支払うのは送料・税金含め約30,000円ですが、日本で購入したとして計算すると82,000円!
というわけで、手間も時間もかかりますが、個人輸入しています。お金に余裕があれば色々な他のブランドの精油も試してみたいのですが...!

フランス本社のサイトからの通販は覚えてしまえばとても簡単です。
近々このブログでも購入方法をご紹介したいと思います。

箱に飛び込むにゃん太

全てを出した空箱は、にゃん太君の休憩所になっていました(笑)。

【追記】猫のいるお宅でアロマセラピーを行うことは危険です。猫は精油の成分を解毒する酵素を持たないため、中毒をおこしてしまう危険性が高いからです。誤解のないように申し上げておくと、私の場合は主にセラピールームでアロマセラピーを実践し、自宅では使用を控えています。
スポンサーサイト
Posted by ハート・リトリート
comment:0   trackback:0
[アロマ・ハーブ]  thema:アロマテラピー - genre:心と身体
留守番中のペットは何をしているか?
私は独り住まいで犬と猫を飼っています。
犬のスーは月に何度か会社へつれてきますが、基本的に2頭は自宅でお留守番です。

それなりにうまくやっている2頭とはいえ、家のことはいつも気になります。
定期的に自宅の様子をチェックできるソフトがないかしら、と思っていたら、
iPhoneと自宅のパソコン(Mac/Windows)を使って遠隔見守りが出来る
ソフト「Air Cam Live Video 」を発見しました。

iPhoneでにゃん太

必要なものは以下の3点
・パソコン(Mac or Windows)
・ウェブカメラ(パソコンに内蔵している場合不要)
・iPhone(3G or 3GS)

使い方はまず自宅のパソコンにAir Cam Live Videoの無料ソフトを
インストールします。
そのソフトを起動して、最初に自分のメールアドレスと自分が決めた
パスワードを設定します。次に撮影用カメラの位置を調整します。

私のマシンはiSight(内蔵カメラ)つきのMac Bookなので、
ノートブックパソコンの画面の上部にカメラがついています。
この画面を傾けつつ、いつもペット達がくつろいでいるソファが
メインで映るように調整しました。
なお、パソコンは撮影のため、スリープにせず常時オンに
しておく必要があります。

次にiPhoneへAir Cam Live Videoの有料(900円)
アプリケーションをダウンロードします。
このソフトは外出先で自宅の様子を見るのに使います。
このソフトを起動したら自宅のパソコンに設定した
メールアドレスとパスワードを入力。

接続先が認識されたあとに「View」というボタンを押すと、
じゃーん。以下のような自宅の映像がiPhoneに映し出されました!

11:30のにゃん太。寝てます。
11:30のにゃん太

14:30のにゃん太・・・ほとんど動いていません。。。
14:30のにゃん太

17:00のにゃん太。おっ!立ち上がった!
17:30のにゃん太

18:00 想定外!日が暮れて何も見えません!
18:00のにゃん太

スーが全く映っていませんが、、、
スー出勤
今日はセラピールームに出勤でした。
次回は2頭がどんな風に過ごしているのか、確認してみたいと思います。

このソフトはペットの見守りだけでなく、お年寄りや防犯対策にも使えますね。
iPhoneをお使いの方、どうぞお試しください。

「Air Cam Live Video」のもっと詳しい解説はこちらをどうぞ

Posted by ハート・リトリート
comment:0   trackback:0
[つれづれ日記]  thema:犬猫のいる生活 - genre:ペット
私が経験した心療内科 その2
3月9日の記事の続編です)

そんなわけで、その後の数ヶ月この5分診療に通ったのですが、
真面目に薬を飲んでも一向に気分が復調せず、かえって混乱することが
多くなりました。
自分の感覚が全く信じられなくなっていたのです。
友達と話していても「今の発言は相手の気分を悪くさせたんじゃないか?」
「この友人は今、本心で私にしゃべってるのかな?」そんなことばかりが
浮かんでいました。

私のうつの原因は当時の恋人とのトラブルが引き金だったのですが、
トラウマとなったシーンが一日のうちに何度もフラッシュバックして
駅のホームや仕事中、あらゆる場所でいきなり涙が溢れ出すことが
よくありました。

短い診察時間の中、先生にすがるような気持ちで混乱状態を話すのですが、
冷静な表情で「今に気持ちが整理できますから」といつも同じ答えが
かえってくるばかり。
「気持ちが整理できないからここにきてるんだろうが!」と叫びたい
衝動を抑えて「病院の先生が言うんだから、きっと今に整理できるんだ」と
自分に言い聞かせ病院に通い続けました。
(この時点でかなり怒りを溜め込んでいたのだと思います。)

そのうちに私の不調の訴えが続くので、お薬が強いものになり、
量も増えていきました。
薬の中には副作用で眠くなるものもありました。それを飲むと、
仕事中もうろうとしてしまい、眠くて眠くて働くどころじゃありません。
それを訴えるとさらに薬の変更。
お医者様がこうやって患者さんに合うものを見つけるために
薬を試していくということは当然理解できますし、あたりまえのことと
思います。
しかし、当時の私は、徐々に強くなっていく薬を飲むことへ
強い不安を覚え始めました。

なんとなく自分の身体が段々自分がじゃなくなってしまって、
何かにコントロールされているようで怖くなってたのです。

薬を変えてよくなった実感があればまだいいのですが、
自分がこの先どうなってしまうんだろうという自分への不安と
先生への不信感の中で服薬しているわけですから、適切に効果を
あらわさなかったのも当然という気がします。
気分が上向くというよりは「自分」が奪われて「別の誰でもない自分」が
存在している感じでした。

仕事も以前のようにできなくなり、自分に「×」をつけるばかりで
自分を褒められることが何もなくなっていきました。

今の自分なら、その不安や恐怖を先生へ正直にぶつけて不信感を
取り除けばよかったのでは?などとも考えられますが、
心が深く傷ついている状態の人間には、それはハードルが高い
行為のように感じます。
なぜなら、病院に通うようになっている時点で、その患者の心は
十分過ぎるくらい傷ついて自己不信に陥っています。
もし病院の先生にまで傷つけられるようなことがあったら、
自分のこころは完全に壊れてしまうかもしれない、気が狂って
しまうかもしれない、そんな恐怖に始終怯えているからです。

この頃になってようやく友人が紹介してくれたカウンセラーの所へ
行くことにしました。費用は病院よりもかなり高かったのですが、
当時の私はまさに「わらにもすがるような気持ち」で、少しでも今の
自分の苦しみから開放してくれるのなら、何にでもすがりたい気分
でした。
(私が経験した心療内科 その3へつづく)
Posted by ハート・リトリート
comment:0   trackback:0
[こころ]  thema:鬱病 - genre:心と身体
瞑想会のお話
昨日の午前に友人の要請で「瞑想会」を開催しました。
私のセラピールームが会場ですので、ごくごく少人数です。

「瞑想」といっても私が行うものは仏教系のそれではなく、
東洋と西洋のエッセンスをミックスした折衷型です。
参加者のお一人が友人に「ライトメディテーション」とおっしゃっていたそうですが、
まさにそんな感じだと思います。

「瞑想」というと日本人の私たちは「修行」や「ヨガ」というイメージで
とらえがちですが、要は「心の安定感を得るための身体と心のトレーニング」
といった方が解りやすいですし、取っ付きやすいのではないでしょうか?


瞑想会

昨日は、男性3名、女性1名が参加してくださいました。
「自己紹介」に始まって「瞑想とはなんぞや?」を簡単にレクチャーして、
「五感を研ぎすます練習」「芯」「観」の瞑想を実践していきました。
少人数でしたので、とても和気あいあいとした感じで私自身も楽しくやらせていただけました。

五感のトレーニングをしていると、
いかに日頃の自分が感じることを放棄して思考優先で過ごしているかに気づきます。
毎日忙しい私たちは、移動中の電車の中でも、食事をしていても、
誰かと話している時でさえも、「今」に集中することなく
未来や過去に思考が飛び火して、いらないことをあれこれと
考えています。

だから1日が終わるととっても疲れていませんか?
これは、思考に身も心も支配されているのです。

電車の窓から見える風景、今食べている食材の味、話をしている相手の声、
どれだけ気持ちを入れてみて見て、味わって、聴いているでしょうか。
頭の回転を止めて、「今」だけに集中する。
これを心がけるだけでも随分気分が変わってくると思いますよ。

「瞑想会」は5月から定例で行う予定です。
ご興味があるかたは、私のウェブサイトを定期的にチェックしてみてくださいね。
Posted by ハート・リトリート
comment:0   trackback:0
[セラピー全般]  thema:心と体にいいことはじめよう! - genre:心と身体
メダリストたちのペット
金曜日の報道ステーションにバンクーバーオリンピック スノボード
金メダリストのショーン・ホワイト選手が出演していました。

インタビューの後半、ホワイト選手が自分を支える存在として
家族と並んで自分の愛犬を挙げていました。
「僕は今フレンチブルドッグを飼っているんだ。ペットは僕が
どんな状態だろうがジャッジしないしね。君(インタビュアー)は
何か飼ってる?」と、ペットを飼うのが当然、とでも言うように、
インタビュアーに投げかけていたのがとても印象的でした。

ホワイト選手の愛犬はランボーという名前だそうです(笑)。

フィギュアスケートの浅田真央選手の愛犬・エアロは有名ですね。
バンクーバーオリンピックのキスアンドクライでの呼びかけで
初めて知りましたが、エアロの他に「ティアラ」「小町」も
浅田家に仲間入りしてたんですね。
(ティアラと小町はエアロの子どもだそうです。)

世界的に超有名なメダリストであっても、ペットにとっては
ただ、「大好きなご主人さま」です。
頭がいいから、容姿がいいから、社会的に高い立場にあるから、
お金を沢山もってるから、そんなこと、ペットには全く
関係ないのです。

「ただ、あなただから好き」

そんなメッセージを送ってくれるペットに沢山の人が
心の安らぎを感じているのではないでしょうか。

精神的にタフでなくては戦っていけない世界に生きる
アスリートたちにとって、ペットはセラピストの役割を果たして
いるように感じます。
Posted by ハート・リトリート
comment:0   trackback:0
[人と動物のきずな]  thema:しあわせの素 - genre:心と身体
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。