FC2ブログ
渋谷・松濤のセラピールーム「Heart Retreat」のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ハート・リトリート
 
[スポンサー広告
自分のことは気づかない
私たちは多くの場合、自分のことに気づきにくいという特徴があります。

人は、自分の周りの人たちとコミュニケーションすることで
他人という鏡に自分を映して、多少なりとも自分の日頃の
ふるまいや心の中を振り返るわけですが、
自分を感じることが怖かったり、不安だったり
何かにしがみついていたり、余裕がなかったりすると、
無意識に自分に気付くことをやめてしまうのかもしれません。

そして、相手のことだけに気づくようになります。

「あの人、この間まで『○○するなんて非常識』って言ってたのに、
自分が同じことしてるじゃない!」なーんてこと、ありますよね?

そう、人のことって結構わかるのに、こと自分になると私たちは
麻痺してしまうのですね。

私はカウンセリングという仕事を通して、人(自分)の心を知る
勉強を続けていますが、それでも、自分を完全に把握するなんて
絶対に無理だと思っています。

周囲の人たちに「休養は心と体の健康に大事なのよ」と言いつつ、
自分は相当過酷なスケジュールを送っていたりしますもの(笑)。
人に何かを一生懸命伝えようとしているとき、それは自分への
無意識のメッセージであるとも言えますね。

「もし、私が気づかずに○○し続けてたら、絶対注意して!」

なーんて、友人と笑いながらよく言い合っていますが、
「私」という存在のバランスをとり続けるのは本当に難しい。

「私」というやじろべえは、常に右に左に揺れ続けているものなのですから。
その「揺れ」に敏感な自分でありたいと思います。

スポンサーサイト
Posted by ハート・リトリート
comment:2   trackback:0
[こころ]  thema:モノの見方、考え方。 - genre:心と身体
空が高くなってきましたね
本当に今年の夏は暑かったですね...

ようやく暑さが落ち着いて、気づいたら秋へと季節は動いていました。

「空が高いね」

むかしむかし、小学生の時に読んだ少女漫画のお話で
不治の病にかかった男の子が
お見舞いに来てくれた主人公の女の子につぶやくセリフです。

すごくそのお話の雰囲気にあったセリフだったのと、
季節によって空の高さが変わる!?ってことが、
その当時の私には衝撃だったのでよく覚えています。

確かに秋は空が高く見えます。
なぜでしょう。

・中国からの黄砂の量が少なくなり、視界がクリアになるから
・空気が乾燥し、水蒸気が減少して、視界がクリアになるから
・秋は夏ほど日差しが眩しくないため、空を見上げる回数が増えるから

ネットを検索すると上記のような解説が見つかりますね。
物理的な空の高さは変わらないけど、
それでも、お祭り騒ぎの夏が終わって
そっと訪れる秋の空は、

なんだかとっても高い。

そんな感じがします。
Posted by ハート・リトリート
comment:2   trackback:0
[つれづれ日記]  thema:ひとりごと - genre:心と身体
眺めのいい部屋
夏前の話なんですが、ある朝気づいたらカーテンに穴が空いてたんですね。
犯人は容易に想像できましたが、まぁ、見逃すこと数ヶ月。

そして数日前。

朝起きたら穴が育ってるじゃないですかっ!
破れカーテン


犯人は我が家のブラック&ホワイト2号。
そう、この子です。
犯人はにゃん太

動物と暮らしてるとハプニング(?)がつきものです。
カーテンは破れてしまいましたが、ペット達の行為はなぜかいつも笑いに変わってしまうのです。
Posted by ハート・リトリート
comment:0   trackback:0
[人と動物のきずな]  thema:小さな幸せ - genre:心と身体
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。