FC2ブログ
渋谷・松濤のセラピールーム「Heart Retreat」のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ハート・リトリート
 
[スポンサー広告
ビッグイシュー購入に思う
地方の方はご存知ないかもしれませんが、

ホームレスの人々が街頭で販売している「ビッグイシュー」という雑誌があります。

これはビッグイシュー日本が行っているホームレスの方の自立応援事業で、

定価300円の「ビッグイシュー」を路上で売り、仕入額を差し引いた約半額(160円)が自分の収入になるというものです。

詳しくはこちら

ビッグイシュー


私のセラピールームのある東京・渋谷でも「ビッグイシュー」の販売しているホームレスさんを見かけるのですが、

恥ずかしながら2回しか購入したことがありません。

2回のうちの1回が昨日でした。



通常、道行く人は販売員の方に気づいていながらも、多くが目を伏せて気づかないふりをしています。

私もそのうちの一人。

いつも気になって、応援したいと思いながら、勇気が出ない自分。



誰も目を合わせずにささっと通り過ぎてしまうその光景を

昨日の朝、横断歩道の反対側から見ていました。

信号が変わるその前にバッグからお財布を出して

心の中で話しかけるセリフを数回リハーサルして(「一部ください、一部ください、ブツブツ・・・」)

そして道を渡りきったその勢いで話しかけました。

「一部ください」



買ったビッグイシューを手に職場に向かいながら

「あぁ、自分はどこまで自意識過剰なんだろう!!」

と、一人ドキドキしていました。なんだか情けない自分。



社会心理学に「傍観者効果」というものがあります。

これは簡単に言うと、人が何らかの事態に遭遇した時、

周囲に人が多いほど「他人事」になってしまうことを言うのですが、

この要因として「責任分散」「多元的無知」「評価懸念」の3つがあると言われています。

詳しく知りたい方はネット上でキーワード検索すると沢山情報が出てきますので

そちらを参照していただきたいのですが、

「責任分散」は、「たくさん人がいるから、私がやらなくても誰かがやってくれるわ」という心理。

「多元的無知」は、「みんなが積極的に関わらないってことは、私が思うほど大したことないのかも?」という心理。

「評価懸念」は、「私の行為を他人がどう思うか?を気にして本心とは違う行動をしてしまう」という心理。



私の取っている行動・感じ方はまさに「傍観者効果」そのものですね。

お恥ずかしい。。。


「恥をかくかもしれない」という恐れは、多くが自分の作り出した妄想です

ちょっとした勇気とともに行動に移してしまえば

それが自分の作り出した実体のない「モンスター」だって気づけるのに。

人はかくも「恐れ」に支配されやすい生き物なのです。

うちのモンスター
これはうちの猫モンスターです(笑)。
Posted by ハート・リトリート
comment:0   trackback:0
[つれづれ日記]  thema:思うこと - genre:学問・文化・芸術
comment
comment posting














 

trackback URL
http://heartretreat.blog88.fc2.com/tb.php/57-24cc8dfa
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。